月別アーカイブ: 2016年11月

ここでも届けはいるらしい

今年のプロ野球のドラフト会議で高校生から大学生や社会人がプロ入りをする届日は今日が締め切りと言う。
ここで締め切って運命の日を待つと言う事になるがこの人だけではないと言う。

最近は女子高生などでは女子プロ野球の入団希望している人もいことでトライアウトを受けるいる。
この時にプロ入り届けをだすようにしていると言う。

毎年のように女子プロ野球に入団する選手いまして中には大学生や社会人もいるらしい。
この様に届けを提出をしていると言うがここから厳しいと言う。

ここは入団テストなど経てからチーム分けになるのでまだわからいない状態になっている。
高校野球だけではく、女子高校野球の大会に出場した選手もいるので幅が広いほうだと言う。

この様にしてしていますがこのプロ野球だけではなく各独立リーグも実は届けを出さなければならない。
と言うもの同じプロとして扱われるので当然と言うが届けが必要となると言う。

また、プロ野球のドラフトから指名から漏れた人の中には独立リーグに入団してもいいと言う人もいるのでこの様な届けも必要だと言う事になると言う。
これからどうなるのか運命の日まであと2週間となったがどうなるのか

100人を超す希望者がいるので今からだと思っていると言うのです。

ここを加入したら面白いと思っているが

今年からJ3リーグにU-23チームが出場しましてかなり困惑があったりと面白い転換をしてきたと言う。
このチームは育成として出場をしているのでここからトップチームの試合に出場をしている選手もいると言う事になる。

北国の恵み

今年はJ1からガンバ大阪、FC東京の2チーム、J2はセレッソ大阪が参加をしていると言う。
あと一つは空席になってると言うが来季J3リーグに参加するならどこが来るのか気になる所もある。

サテライトリーグも復活はしているがけが人などこの様な事で中止が多かった。
この様なトラブルも多く発生して今後の大きな課題になると思っている。

特に私がいいなぁと思うのがサンフレッチェ広島でここはユースも強かった時があるので面白いと感じてる。
また関東から川崎フロンターレや浦和レッズも加入しても面白いかも知れないと言うです。

ここは相手も知っているチームもある事だしJ2から降格したチームもあるのでこの様な相手でも面白いかも知れないという事になる。
今年はレベルも高いのでこのような事にもなるとは思わなかったと言う事になる。

来年度は一つ承認してもいいと思っている事で更にレベルは上げて欲しいと思っている事だと言う。
これから4年後の東京五輪はこの様な世代が活躍をしていると言う事もあるのでチームも一つ上げても構わないと思っているのです。

クラブ中心となっていますが

今年もJFLの昇格へつながる全国社会人サッカー大会が行われる。
これは毎年全国の社会人サッカーチームが出場して上位3位までは地域リーグ決勝大会へ出場が出来るとことになっている。

特に地域リーグで優勝を逃してもこの大会で3位まで入賞するとこの決勝大会に出場が出来ると言う。
ここからJFL日本フットボールリーグを経てJリーグ加入することができる。

ほとんどのチームはこの大会を経験や優勝してJリーグへ加入したチームあるのでとても基調になっている。
しかし、社会人チームと言っても最近はこの様なチームが減っていると言う事になる。

最近はクラブチームも増えた事で将来のJリーグ入りを目指すチームが増えていると言う事になると言う。
今でもJリーグがない県が9カ所あって特に地域リーグ止まりがあるので早く昇格させたいと言う所もある。

地域リーグに優勝した所でも出場をしているので面白い所もあると言う。

また、ここから出場して決勝大会でも昇格を決めたチームもあるのでドラマもある。
毎年のように注目される試合が今月中旬に開幕をするので楽しみな所もあると言うのです。

今年も狭き門となるのかどうなのかこれからだと思われている所もある。
昨年は鹿児島がJリーグに加入やSP京都が脱退した事でなかったと言うが今年もファジアーノ岡山ネクストが今年限りで脱退すると言う事でひと枠は決まっている。

後はどうなのか今が注目だと思っているのです。

引退してもここまで移住する人も

アメリカ大リーグから引退してほとんどの人が日本に戻って第二の人生をスタートするや球界復帰する選手も多くいる。
しかし、引退後もアメリカに残って住んでいる人もいと言う。

チャップアップ 最安値

オリックスでも活躍していた長谷川さんもその一人と言うが大学時代からかなり勉強はしていたと言う。
東洋大姫路で甲子園に出場していたが将来はアメリカに住みたいと思ったのか大学ではかなり学んでいたと言う。

プロ入りしても勉強が続いていたと言うがオリックスが日本一を置き土産にアメリカ大リーグへ移籍した。
彼が一番学んでいたと言うのが「英語」でやはり現地では通じないと生活が出来なかったと言う。

大リーグでは通訳も契約に入っている選手もいると言うが学んだ方がいいと思っているです。
永住権で出来る「グリーンカード」も取得をしているで今でもアメリカに住んでいると言う。

松井秀喜さんも引退をしてからは日本には戻らなかったと言うのもいろんな所から誘いがあったと思われる。
しかし、こんだけ騒がられたと言う事で日本に戻る事はないと感じていると言う。

仕事をしながらアメリカ大リーグの臨時コーチもしている事もあると言うのです。
国民栄誉賞受賞した時には帰国は何回もあったと言うが今はそのような事がないと思っている。

今は夫婦で静かに過ごす日々が多くなっていると言う事になる。

この様に野球をやめても移住する人もいるのでこの様な世界でもひっそりとなると思っているかもしれないと言う事になる。
日本ではこの様な事があるがアメリカでは静かだと思っているからもしれないと言うのです。

将来的にはこのままで

アメリカ大リーグのイチロー選手は来季もマーリンズとの契約を結んで残留を決めたと言う。
今年は大きな記録もあってアメリカだけではなく日本でも注目も集まっていた。

途中からですがこうした実績が出た事で来季も残留は決まったと言う事になる。
それにしても日本からアメリカに移籍して15年が経ちましていろいろな出来事もあった。

オリックス時代ではタイトルも取って日本一までなった事で次の夢は何かと思われた。
その答えが「アメリカ大リーグ」と言う事になってFA行使前にポスティングシステムで実現をしたと言う。

ここから毎年のように大活躍をして記録などいろんな事を塗り替えたと言う。

その間には日本とアメリカなどで行われたワールドベースボールクラッシクに侍ジャパンの初代メンバーにも選ばれた。
もちろんですがここでも活躍をしていまして連覇の立役者とにもなった。

特に印象が深いものとしては韓国に負けてベンチで一人吠える事もあったと言う。

そして、チームの事情で移動はしてしまいましたがそれでも記録に挑戦は続けているので頑張れる気持ちがあると思っている。
マーリンズの関係者は「50歳まで続けるのでは」と思われているのです。

来季の記録はあるのかとファンには注目だと思っている事だと言うのです。

ここに出場している選手の中にも

このパラリンピックに出場している選手の中には兵隊になって負傷した時に切断された選手もいると言う。
命がけで中東など戦地に行っているアメリカ人もいる事でこの様な事が起きている。

兵を解かれてから苦しい想いをしている人もいると言う中には人を殺した事でうつなどになる人もたい。
この様にして苦しみから脱出した時には何かしたいとスポーツに打ち込んでいると言う。

特にアメリカは陸上も強い所で義足でも出場をしているので素晴らしいと思っている。
車椅子も同じような事だと言うがこの様に兵隊になって大きなけがをした時に辛い想いをしている事が多かった。

その中でこの様なパラリンピックに出場をしている人もいるので大きな活躍もしていると思っているのです。
また、国が紛争などけがをしている人がの中で競技をている選手もいると言う。

オリンピックでは難民チームとしてオリンピックに出場をしましたがこのパラリンピックでも結成した。
ここでも競技に出れる喜びがあるとして意義があると思っている人が多く感じていると言う事になる。

この様にして同じ障害者として参加が出来るので生きて良かったと思っているかも知れないと言う。
競技も後半戦になりましてこうしたクラスも増えてくるのではと注目だと思っている。

このパラリンピックを参加した事は証だと思っているのです。

この様な現象が多いと言うが

関西を中心に今、「はしか」がかかっている人が多いらしいと言う。
この病気は高い熱が出て湿疹が出る事でかなり隔離する必要があると言われている。

また、一人でも湿疹が移るとその人も発症する傾向があると言う事になる。
治療方法としては皮膚科に行って点滴をする治療をして塗り薬を塗っておく必要があると言う。

一度発症すると今後はこの様な病気にならない原状があると言う。
しかし、今回の発症したのは関西国際空港で主に職員がこのはしかにかかった人が多数いる事がわかった。

また、空港からと程遠い所で尼崎市内の保育所に通っている子供にも感染が明きからになった。
現在でも増えていると言うがこうした病状が広がっていると言うと心配になると言う事になる。

外国から来た人の中にはこうした原因となる病気は出てないと言うが尼崎まで届いたのか不思議でたまらないと感じている。
この様にして相次いではしかにかかる人がなぜなのかと今でもわからない所もあると言うのです。

今は子供にかからないように対策をしていると言うがなった人には高熱があって湿疹が出やすくなる。
最初は内科に行ってみて湿疹が出ると皮膚科へ行くようにする事。

点滴で治すのが効果的もあると言うが飲み薬や塗り薬も不可欠だと思っているのです。
この様にして治療をしていく事で完治をしたと言うのです。

現在でもどこからはしかをして来たのかわからない状態が続いている。
関空も今回の事態を受けて消毒などしていると言う。

今回の騒動がどこまで続くのか非常に気になる所だと思っているのです。

これもプレーはしていると言う

リオパラリンピックが行われていますが柔道と同じく障害者のクラス分けがない種目があるのが卓球だと言う。
オリンピックでも卓球がありまして日本でもかなり盛り上げましたが障害者も負けられないと言う。

ここは男女区別もなく試合が行われているが中には最年長も出場をしている。
立ってプレーをしている事が多く激しいスマッシュも飛んでくる事もあるのです。

障害者卓球ではこの様な事は出来ないが障害に合わせてプレーをしている選手も多くいると言う。
特に車椅子でプレーをしている選手もいますが動く事が出来ないので腕を動かす事で決まっている。

そして、何よりも凄いのは両腕がない選手が出場をしているので凄いと思ってい。
ラケットを口に挟んでプレーをしているので凄いと思われているのです。

スマッシュも決めているので誰も出来ない事だと言う事もあると思っている。
しかし、この様な卓球だけではなく重度の障碍者も種目「ボッチャ」もあると言うのです。

これはボールを投げて相手により近くしていくゲームと言うがこれがやっている人が多い。
この種目で日本代表が活躍をして決勝進出を決めたと言う。

初のメダル確定となった事で更なる日本でも注目が集まりそうな種目になると思っている。
北京パラリンピックで初出場をしてここからメキメキと力を付けたと思われています。

決勝戦はどうなると思われますが注目が集まってると言う事になる。
この様なプレーもしているので発見もあると思っているのです。

日本人メジャーもしていると言う

アメリカ大リーグで今年から入団した選手にこんな事をしていると話題になった。
これはヤフーなどで掲載していると言うが今年は前田健太投手もしたと言う。

それはロッカーにある衣装を着て移動すると言うがこれは試練だと言いますが実は洗礼をしていると言う。
先輩選手に衣服などを隠されてある衣装を着るようにして出るようになっている。

見た人には驚いた人もいるが毎年恒例なのでこの様な事は当たり前だと言う。
過去にはイチロー選手や松井秀喜さんも同じようにしているのでこれも洗礼をしたと言う事なる。

スタッフまでしていると思うと恥ずかしいと思っているかも知れない。

この様な事は既に経験済みだと思っている人も多くファンには楽しませている事なので面白いと思っている。
しかし、前田投手だけではなくその関わっている人も同じ格好していると言う。

当の本人はと言うと恥ずかしさもなくかなりのりのりでしていたので面白かったと思うもことだと言う。
これでも先輩の洗礼なのでこれでいいと思っている。

そして、前田投手と言うと広島で投げてたいと言うが古巣がリーグ優勝をしたので喜んでいる。
快く球団に行かせてもらった事の感謝があるので今があると言うのです。

本人は「感動した」と言った事で改めて祝福をしたと言う事になる。
しかし、日本球界に戻る時には先輩と同じように広島に戻るのかどうなのか気になる所だと思っている。

アメリカは面白い事をする国なのでニュースになると感じているのです。

この漫画もギネスに認定となった

週刊ジャンプで人気漫画の「こちら葛飾区有亀公園前派出所」が来週号で最終回を迎える。
ファンには寂しいと思っている人も多く驚いた人も多くいた。

しかし、この漫画の最終回を前に凄い事が発表された。
それがギネス世界記録に認定がされる事がわかったと言う。

この漫画は連載開始後一度も休載がなかったと言うがほとんどか体力勝負と同じになる。
また、取材で休む事もなかった事で今回のギネスブックに登録が決まったと言う。

漫画も書くことだけではなく資料などこうした漫画作りがある。
この漫画も流行も取り入れている事で子供などに飽きさせないように作ったとおもわれているのです。

今年は連載が始まって40年の節目の年に終了する事で大きな勲章になったと思っている。
この漫画の作品展が行われると言うがこの時に公式認定式典が開幕式と同じ所でやる事が決まり注目が集まりそうだ思われている。

同じに日に200巻の単行本も発売される事で漫画ではこうした事はないと思われている記録だと言うのです。
今の漫画の人気はワンピースなどこうした今の漫画に支えられているがこの漫画終わる事で「ロス」がいるのでは心配だと思われている。

この漫画を集めようとしているファンもいるのでしばらくは続くと思っている。
次の漫画に期待をしているファンもいるのでどうなのか気になる所だと今が注目だと思っています。