この様な現象が多いと言うが

関西を中心に今、「はしか」がかかっている人が多いらしいと言う。
この病気は高い熱が出て湿疹が出る事でかなり隔離する必要があると言われている。

また、一人でも湿疹が移るとその人も発症する傾向があると言う事になる。
治療方法としては皮膚科に行って点滴をする治療をして塗り薬を塗っておく必要があると言う。

一度発症すると今後はこの様な病気にならない原状があると言う。
しかし、今回の発症したのは関西国際空港で主に職員がこのはしかにかかった人が多数いる事がわかった。

また、空港からと程遠い所で尼崎市内の保育所に通っている子供にも感染が明きからになった。
現在でも増えていると言うがこうした病状が広がっていると言うと心配になると言う事になる。

外国から来た人の中にはこうした原因となる病気は出てないと言うが尼崎まで届いたのか不思議でたまらないと感じている。
この様にして相次いではしかにかかる人がなぜなのかと今でもわからない所もあると言うのです。

今は子供にかからないように対策をしていると言うがなった人には高熱があって湿疹が出やすくなる。
最初は内科に行ってみて湿疹が出ると皮膚科へ行くようにする事。

点滴で治すのが効果的もあると言うが飲み薬や塗り薬も不可欠だと思っているのです。
この様にして治療をしていく事で完治をしたと言うのです。

現在でもどこからはしかをして来たのかわからない状態が続いている。
関空も今回の事態を受けて消毒などしていると言う。

今回の騒動がどこまで続くのか非常に気になる所だと思っているのです。