ここに出場している選手の中にも

このパラリンピックに出場している選手の中には兵隊になって負傷した時に切断された選手もいると言う。
命がけで中東など戦地に行っているアメリカ人もいる事でこの様な事が起きている。

兵を解かれてから苦しい想いをしている人もいると言う中には人を殺した事でうつなどになる人もたい。
この様にして苦しみから脱出した時には何かしたいとスポーツに打ち込んでいると言う。

特にアメリカは陸上も強い所で義足でも出場をしているので素晴らしいと思っている。
車椅子も同じような事だと言うがこの様に兵隊になって大きなけがをした時に辛い想いをしている事が多かった。

その中でこの様なパラリンピックに出場をしている人もいるので大きな活躍もしていると思っているのです。
また、国が紛争などけがをしている人がの中で競技をている選手もいると言う。

オリンピックでは難民チームとしてオリンピックに出場をしましたがこのパラリンピックでも結成した。
ここでも競技に出れる喜びがあるとして意義があると思っている人が多く感じていると言う事になる。

この様にして同じ障害者として参加が出来るので生きて良かったと思っているかも知れないと言う。
競技も後半戦になりましてこうしたクラスも増えてくるのではと注目だと思っている。

このパラリンピックを参加した事は証だと思っているのです。