将来的にはこのままで

アメリカ大リーグのイチロー選手は来季もマーリンズとの契約を結んで残留を決めたと言う。
今年は大きな記録もあってアメリカだけではなく日本でも注目も集まっていた。

途中からですがこうした実績が出た事で来季も残留は決まったと言う事になる。
それにしても日本からアメリカに移籍して15年が経ちましていろいろな出来事もあった。

オリックス時代ではタイトルも取って日本一までなった事で次の夢は何かと思われた。
その答えが「アメリカ大リーグ」と言う事になってFA行使前にポスティングシステムで実現をしたと言う。

ここから毎年のように大活躍をして記録などいろんな事を塗り替えたと言う。

その間には日本とアメリカなどで行われたワールドベースボールクラッシクに侍ジャパンの初代メンバーにも選ばれた。
もちろんですがここでも活躍をしていまして連覇の立役者とにもなった。

特に印象が深いものとしては韓国に負けてベンチで一人吠える事もあったと言う。

そして、チームの事情で移動はしてしまいましたがそれでも記録に挑戦は続けているので頑張れる気持ちがあると思っている。
マーリンズの関係者は「50歳まで続けるのでは」と思われているのです。

来季の記録はあるのかとファンには注目だと思っている事だと言うのです。