引退してもここまで移住する人も

アメリカ大リーグから引退してほとんどの人が日本に戻って第二の人生をスタートするや球界復帰する選手も多くいる。
しかし、引退後もアメリカに残って住んでいる人もいと言う。

チャップアップ 最安値

オリックスでも活躍していた長谷川さんもその一人と言うが大学時代からかなり勉強はしていたと言う。
東洋大姫路で甲子園に出場していたが将来はアメリカに住みたいと思ったのか大学ではかなり学んでいたと言う。

プロ入りしても勉強が続いていたと言うがオリックスが日本一を置き土産にアメリカ大リーグへ移籍した。
彼が一番学んでいたと言うのが「英語」でやはり現地では通じないと生活が出来なかったと言う。

大リーグでは通訳も契約に入っている選手もいると言うが学んだ方がいいと思っているです。
永住権で出来る「グリーンカード」も取得をしているで今でもアメリカに住んでいると言う。

松井秀喜さんも引退をしてからは日本には戻らなかったと言うのもいろんな所から誘いがあったと思われる。
しかし、こんだけ騒がられたと言う事で日本に戻る事はないと感じていると言う。

仕事をしながらアメリカ大リーグの臨時コーチもしている事もあると言うのです。
国民栄誉賞受賞した時には帰国は何回もあったと言うが今はそのような事がないと思っている。

今は夫婦で静かに過ごす日々が多くなっていると言う事になる。

この様に野球をやめても移住する人もいるのでこの様な世界でもひっそりとなると思っているかもしれないと言う事になる。
日本ではこの様な事があるがアメリカでは静かだと思っているからもしれないと言うのです。