日本人メジャーもしていると言う

アメリカ大リーグで今年から入団した選手にこんな事をしていると話題になった。
これはヤフーなどで掲載していると言うが今年は前田健太投手もしたと言う。

それはロッカーにある衣装を着て移動すると言うがこれは試練だと言いますが実は洗礼をしていると言う。
先輩選手に衣服などを隠されてある衣装を着るようにして出るようになっている。

見た人には驚いた人もいるが毎年恒例なのでこの様な事は当たり前だと言う。
過去にはイチロー選手や松井秀喜さんも同じようにしているのでこれも洗礼をしたと言う事なる。

スタッフまでしていると思うと恥ずかしいと思っているかも知れない。

この様な事は既に経験済みだと思っている人も多くファンには楽しませている事なので面白いと思っている。
しかし、前田投手だけではなくその関わっている人も同じ格好していると言う。

当の本人はと言うと恥ずかしさもなくかなりのりのりでしていたので面白かったと思うもことだと言う。
これでも先輩の洗礼なのでこれでいいと思っている。

そして、前田投手と言うと広島で投げてたいと言うが古巣がリーグ優勝をしたので喜んでいる。
快く球団に行かせてもらった事の感謝があるので今があると言うのです。

本人は「感動した」と言った事で改めて祝福をしたと言う事になる。
しかし、日本球界に戻る時には先輩と同じように広島に戻るのかどうなのか気になる所だと思っている。

アメリカは面白い事をする国なのでニュースになると感じているのです。

この漫画もギネスに認定となった

週刊ジャンプで人気漫画の「こちら葛飾区有亀公園前派出所」が来週号で最終回を迎える。
ファンには寂しいと思っている人も多く驚いた人も多くいた。

しかし、この漫画の最終回を前に凄い事が発表された。
それがギネス世界記録に認定がされる事がわかったと言う。

この漫画は連載開始後一度も休載がなかったと言うがほとんどか体力勝負と同じになる。
また、取材で休む事もなかった事で今回のギネスブックに登録が決まったと言う。

漫画も書くことだけではなく資料などこうした漫画作りがある。
この漫画も流行も取り入れている事で子供などに飽きさせないように作ったとおもわれているのです。

今年は連載が始まって40年の節目の年に終了する事で大きな勲章になったと思っている。
この漫画の作品展が行われると言うがこの時に公式認定式典が開幕式と同じ所でやる事が決まり注目が集まりそうだ思われている。

同じに日に200巻の単行本も発売される事で漫画ではこうした事はないと思われている記録だと言うのです。
今の漫画の人気はワンピースなどこうした今の漫画に支えられているがこの漫画終わる事で「ロス」がいるのでは心配だと思われている。

この漫画を集めようとしているファンもいるのでしばらくは続くと思っている。
次の漫画に期待をしているファンもいるのでどうなのか気になる所だと今が注目だと思っています。